ビタミンの種類

ビタミンを2つに分類する

 

ビタミンにはたくさんの種類がありますが、まずビタミンは脂溶性と水溶性にわけることができます。

 

・脂溶性のビタミン

ビタミン

脂溶性ビタミンは、油に溶けるビタミンです。油には溶けますが、水に溶けにくい性質があります。調理をするときに水に溶けにくいため、茹でたり水で洗ったりしても失われることがないのが特徴です。油に溶けるため、油と一緒に摂取すると効率よく吸収できるといわれています。そのため、炒め物などで摂取するのがおすすめです。

 

脂溶性ビタミンは体内に入ってから自然と排出されていくことがないので、蓄積しやすいです。過剰に摂取してしまうと悪い症状が起こる可能性があるため、摂取する量に気を付けなくてはいけません。

 

・水溶性のビタミン

水溶性のビタミンは水に溶けやすい性質があります。水に溶けやすい性質なので、どうしても調理をしている段階で溶けてしまうため、摂取する方法に気を付けなくてはいけません。体内に摂取してから尿中に排泄されていくので、体内に蓄積することがない分過剰症などにはならないのが特徴です。

 

人間にとって必要なビタミンは13種類

 

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB3・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンHの13種類です。聞いたことがあるビタミンから、あまり聞いたことがないものまであると思いますが、これらは人間にとって絶対に必要なビタミンです。それぞれ働きが異なるので、ビタミンならどれでもいい、というわけではありません。この13種類を不足しないように心がけ、サプリメントを摂取するときは13種類を意識して摂取するようにしましょう。13種類以外でも、ビタミン類似化合物という化合物も10種類以上あるため、複雑に考えてしまいがちです。そして結局どのサプリメントを飲んでいいかわからない…となってしまいますが、何がどのように働くかを知ると、自分に必要なビタミンについて知ることができるはずです。