ビタミンサプリメントの副作用

ビタミンの過剰摂取が心配

 

ビタミンをサプリメントで摂取する場合、心配なのは過剰摂取による副作用です。ビタミンが不足しているからサプリメントで補っているのに、摂取しすぎて違う意味で不調を招いてしまう可能性があります。

 

副作用として多いのは、下痢ですね。過剰摂取による下痢はよく起こるので、お腹の調子が悪いときは、ビタミンの過剰摂取かもしれません。それ以外にも、食欲がなくなる、疲れやすくなる、頭痛がするというような症状はよく起こります。サプリメントを飲み始めてそのような症状が起こったら、過剰摂取かもしれないので、ビタミンの摂取量について考えてみてください。

 

サプリメントに含まれるビタミン量を知ろう

 

サプリメントによって、入っているビタミン量は違います。マルチビタミンという複数のビタミンが入っているものもあれば、ビタミンC、B群というようにビタミンが1種だけ入っていることもあります。ビタミンCを摂取しながら、さらにマルチビタミンのサプリメントを摂取する、となると過剰摂取になりやすいです。こういう問題が起きないように、どのサプリメントにどれぐらいのビタミンが入っているかはしっかりと考えなくてはいけません。それぞれのサプリメントは目安量に応じて1日の摂取量を定めていると思うので、何でもたくさん摂取したらいい、という考え方は辞めて、ちゃんと適量を目安として摂取してくださいね。

 

サプリメント選びはしっかりと

 

サプリメントで摂取することに自体に問題があるというわけではないのですが、サプリメントにもいろいろなものがあります。製造しているメーカーが違いますよね。その中で、どのサプリメントでもいい、というわけではありません。中にはあまりいい成分を使っておらず、合成のサプリメントばかりを使っている可能性もあります。その場合は、サプリメントで補って過剰症になってしまったり、あまり相性が合わずに飲んで不調を感じることもあります。

 

ちゃんといいサプリメントを選ぶことが、食品以外の方法でビタミンを補う際に基本として考えておくといいでしょう。