正しいビタミンサプリメントの飲み方

必ず水で、食後に飲む

 

サプリメントを摂取する場合、気を付けてほしいのは飲むときの飲み物とタイミングですね。食品なので特に決まりはないですし、記載されていません。食品なので薬と違い、用法と用量を定めることができないためです。でも、理想は薬と同じように飲むことですね。飲むときは成分の邪魔をしないように水で飲んでください。水はちゃんと胃を刺激してくれるので運動が高まってサプリメントを胃から腸へと早く送ってくれます。

 

特にNGなのは、お茶・コーヒー・紅茶などです。カフェインやタンニンという成分が、せっかく摂取したビタミンと結びついてしまうので、吸収が弱まります。

 

タイミングについてもいつでもOKとなっていますが、理想は食後ですね。食事が入っている胃は活動的になっているので、食べ物と一緒に吸収されていきます。タイミングによって吸収率も大きく異なりますし、空腹時はサプリメントのせいで胃が荒れてしまう可能性があるため、食後30分ぐらいを目安に摂取しましょう。

 

過剰摂取には気を付ける

 

ビタミンは欠乏症もあれば過剰症もあります。過剰に摂取しすぎて不調をきたすことがないように、しっかりと適量を守りましょう。

 

飲み合わせを工夫しよう

 

サプリメント同士を上手に組み合わせることで、よりいい効果が期待できます。ビタミンBはB群として一緒に摂取したほうがいいといわれています。ただし、飲み合わせによっては相性が悪いこともあるため、ちゃんと飲み合わせがOKなものかどうかを確かめてからにしてください。サプリメントで飲み合わせるといい効果が期待できる成分はまとめて摂取できるものもあるので、飲み合わせを考えるのが面倒なときは、元々一緒に配合されているものを選ぶといいですね。

 

成分の安全性を確かめる

 

サプリメントの飲み方というより選び方になりますが、大事なのは成分です。せっかく飲んでいても、効果が出ない成分を飲んでいたら意味がありません。安全性とともに効果があるかどうかを確かめることも、サプリメントを選ぶ上で大切です。できるだけ天然成分で、添加物は使っていないものがいいですね。

 

特にビタミンのサプリメントは販売されている量も多いので、ちゃんと成分を見極めないと、あまり体には良くない成分を摂取してしまう可能性があります。気を付けてくださいね。