葉酸

MENU

葉酸って?

 

葉酸とは、水溶性であるビタミンB群の一種です。最初はホウレンソウから抽出された成分でした。ビタミンの中でも、葉酸は血液との関係が深い成分です。赤血球の合成も葉酸の役目です。さらに葉酸は遺伝物質のDNAやRNAを構成する、核酸を合成するために必要です。アミノ酸やたんぱく質の合成、生成、促進作用などもありますし、粘膜の強化にも役立ちます。

 

葉酸が不足すると貧血になる?

 

葉酸は血液との関係が深い成分であるため、葉酸が不足すると悪性貧血の原因になってしまいます。悪性貧血というのは、DNAの合成生涯によって起こる貧血のことで、巨赤芽球性貧血などになりやすいです。

 

妊婦さんに必要な葉酸

 

葉酸は人間にとって必要不可欠ではありますが、特に必要なのは妊婦さんです。妊婦さんは葉酸不足になってしまうと、胎児の神経障害や先天異常が起こりやすくなる、といわれています。妊娠初期である4週目から12週目までは胎児の細胞分裂が盛んにおこなわれているため、葉酸不足にならないように気を付けなくてはいけません。

 

妊娠初期だけと思われがちなのですが、妊娠前の女性にも必要です。妊娠初期というのは、まだ自分が妊娠していると気付くことができない時期でもあります。12週目ぐらいで始めて気づく人もいるのですが、12週目までに必要な葉酸ですから、その時点で摂取するのは遅いですよね。妊娠を考えている場合は、妊娠前から摂取しておく必要があります。

 

葉酸の必要な量とは

葉酸が必要な妊婦

葉酸の必要な量として目安となるのは、成人の男女で1日200?程度、妊婦になると1日400?となります。上限は1000?となり過剰摂取になってしまう心配はありません。水溶性なので多く摂取しても排出されるのですが、摂取しすぎると体調への異変を感じる可能性もあるので、目安量を守って摂取したいですね。最近は葉酸が必要な栄養素であることもよく知られるようになってきて、特に妊婦用としてサプリメントも多くなっています。健康に必要な栄養素ですから、しっかりと摂取できるようにサプリメントなどを活用しながら摂取量を満たしましょう。