ビタミンは必要なの?

ビタミンは人間が生きていくために必要

 

ビタミンは人間にとって、必要不可欠な栄養素です。ビタミンが不足することによってさまざまな不調を起こし、健康を維持することができなくなります。人間が活動するためのエンジンのようなものです。ビタミンが不足すると適切に身体が機能しなくなります。ビタミンの種類によって働きは異なりますが、ビタミンB3は炭水化物・脂肪の分解に必要なビタミンで、血行の促進やエネルギー効率の促進などに役立ちます。ビタミンCはコラーゲン生成に関係したり、肌の調子を整えたり、歯などの健康にもかかわります。

 

生活習慣病の予防

 

生活習慣病

生活習慣病は、放っておくと様々な病気を引き起こす可能性があります。糖尿病や高血圧というような症状ですね。ビタミンを摂取するだけで治る、という簡単な話ではないのですが、ビタミンを摂取しておくことで予防に役立つといわれています。ビタミンが不足している=健康にもよくない状態なので、生活習慣病の原因にもなってしまいます。

 

 

 

 

ビタミンはどれぐらい必要?

 

1日に必要なビタミンの量は、ビタミンによって異なります。また生活スタイルによっても変わるのですが、平均の数字をご紹介します。ビタミンB3は30代の男性で16r、女性で13rです。ビタミンCは100rとなります。ビタミンCに関しては上限などはありませんが、ビタミンB3は30rまで、と上限が決まっています。

 

意識せずに食事をしていて補えるビタミンもあれば、不足しがちなビタミンもあります。ビタミンが必要な理由を知ると、ちゃんと摂取しないといけないな…という気持ちになりますよね。ビタミンを摂取する必要性を知って、不足しないように補ってあげましょう。ビタミンは人間が生きていくために基本となる栄養素です。色々なビタミンが入って必要量が補えるサプリメントも多く販売されています。あれもこれもとビタミンを補うのは大変なので、食事では補いきれないものは、サプリメントを利用して補ってあげるといいでしょう。